スポンサーサイト

  • 2011.05.22 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


目からウロコのエネルギー事情。原発はいらない!


おととい、ap bankの監事でもある田中優さんの、
原発についての緊急講演会に参加してきました。

こちら↓のUstreamで視聴できるけど、2時間あるので、
今回聞いて特に興味深かった話をいくつか書いておきます。
http://www.ustream.tv/recorded/13789149


★2007年、ドイツの環境省と連邦放射線防護庁が、
「通常運転されている原子力発電所周辺5km圏内で小児白血病が高率で発症している」という調査研究の成果を公表した。
(Ustream動画の00:44:00あたりから)

詳しくは原子力資料情報室のHPにも書いてありました。


★日本の電力会社は、必要経費の3.5%を
適正報酬として電気料金に上乗せすることができるので、
架空のニーズと無駄な施設を次々生み出す結果につながっている。
(Ustream動画の01:06:50あたりから)

たとえばある月の電気料金が1,035円だったとすると、
1,000円は必要経費で、35円は上乗せ分。
電力会社が、「今月は350億円利益を出したいな」と思ったら、
1兆円の経費を使えばよい。

無駄な施設例↓

・「高速増殖炉もんじゅ」
建設費6,700億円(=みなの税金)、維持管理費1日あたり5,500万円。
試運転中に事故を起こし14年半停止した後運転再開するも、再び事故で停止中。

・青森県六ヶ所村の「使用済み核燃料再処理工場」
建設費2兆2,000億円(=みなの電気料金)
未だ相次ぐトラブルで本格稼動できていない。


★原子力は実は高い
(Ustream動画の01:08:50あたりから)

原子力は安いと刷り込まれていますよね?
でも実際は・・・

資源エネルギー庁の発表データによると、
発電単価は原子力が5.9円で最も安いとされているが、
電力会社が原子力発電所を建てる際に経済産業省に提出する
「設置許可申請書」によれば、
発電原価の平均は、初年度で13.9円であり、他の水力や火力などに比べて一番高い。
しかもこれには「もんじゅ」などの建設費は含まれていない。

⇒こういった理由で、原子力を推進する日本の電気料金は、
先進国の中で最も高い
ものとなっている。


★使えば使うほど安くなる産業向け電気料金制度を見直し、
電力消費のピーク時(夏場平日2〜3時の気温31度以上の時)だけ
産業向けの電気料金を高くすれば、日本の原子力発電所はすべて必要なくなる。

(Ustream動画の01:11:57あたりから)

日本の発電所の稼働率はたった58%。
なぜなら電力消費量の波が大きいから。
ピーク時の電力需要の9割は産業、残り1割が家庭であることを考えると、
産業向け電力料金の制度を、ピーク時間の電気料金を高くし、また
使えば使うほど高くなる電気料金に変えるだけで、ピークの波はなだらかにすることができる。

そうして発電所の稼働率をドイツや北欧並(72%)に上げたとすると、
全体で同じ電力消費量であっても、25%の発電所がいらなくなる。
日本の原発の設備量は20%程度であるから、結果原発はすべてなくすことができる。


★2010年、高騰する原子力発電所のコストと、太陽光発電コストが逆転。
(Ustream動画の01:22:25あたりから)


★現在電力会社が独占している送電線を政府管理の自由使用に戻せば、
電力市場の競争が活発化。電気料金の値下げや自然エネルギーの普及促進につながる。
(Ustream動画の01:29:40あたりから)

現在の状況は道路に関所を設けているようなもの。
今回の原発事故で東電は多額の損害賠償を払わなければならないので、
それを国が肩代わりする代わりに、送電線を担保として取り上げるべき。


★電力会社は多額の広告宣伝費でメディアをコントロールしている。
(Ustream動画の01:49:15あたりから)

メディアはまともな情報を流さない、それは都市伝説ではない。
スポンサーが電力会社であれば、電力会社に不利な情報など流せない。


★日本で最も自給率が低いのが「エネルギー」。
石油・天然ガス・ウラン・石炭のために日本は毎年23兆円ものお金を海外に配っている。それを自然エネルギーに代えれば、あっという間に国内の経済は活性化する。

(Ustream動画の01:52:13あたりから)


---------------------

その他、研究が進んでいる色々な自然エネルギーについてや、
次世代のエネルギー供給システム「スマート・グリッド」についての説明などもあって、
未来は明るい!と思わせてくれました。

研究が進む色々な自然エネルギーについては、01:24:49あたりから。
スマートグリッドについては、01:38:27あたりから。

---------------------

今回の事故で、エネルギー問題に全く無関心だった自分を反省。
これを教訓にして、これからもきちんと目を向けていこうと思う。

政府も今回ばかりは、すばやい動きをみせているようです。
原子力安全・保安院:経産省から分離…新たな規制機関へ
東京電力:発電と送電の分離案 政府、大手と統合検討


【追記】
講演会で配られたグリーンピースの資料によると、
原子力発電でもCO2がでている、とのこと。
発電する前から後まで、直接的・間接的にCO2が排出されており、発電が終わってからも、
核廃棄物の後処理などで延々とCO2排出は続くんだって!

とれたてハーブティー

 

今年もほったらかしなのに元気に育ってきた、強くたくましいハーブ。
2種類のミントでハーブティーにしていただきました♪
ミントの名前は、、忘れた(汗)

はちみつ入れるとおいし〜
レモン系のハーブがあるともっとおいしくなるんだけどな。


そういえば、実家においてきたレモンバーベナの木を、お父さんが盆栽にしてます。

ハーブの木で盆栽。

前に実家に帰ったら、

「どうだ、かっこついたろう!」と

自慢げでした。

今日のベランダ



最近あったかくなって、植物もどんどん芽吹いてきて、ベランダに出る時間が増加。
植え替えしたりもあるけど、ボーっと草花を愛でてる時間のほうが多いかも。

上の写真。手前はオレガノケントビューティー。
奥の紫の花は・・・なんとかバルーン?バルーンなんとか?忘れた。
ブランターホルダーに鉢をいくつも入れて柵にかけてます。


冬に買ったかわいい小花もモリモリしてきた。
苔も落ち着いていいかんじ♪

こういう山野草は大好き!

でもこれも名前忘れた。







去年花後のものを格安で手に入れたクレマチス「アーリーセンセーション」。
つぼみがいっぱい!


ちゃんと咲いてくれるかなあ?



東京都知事選

 4月10日は東京都知事選!

こないだ政見放送見たけど、いろんな人が出てて笑えた。
スマイル党のマック赤坂氏なんて「スマイル!」とか叫んでるだけだし、
おがみおさむ氏は、具体的政策として、「赤信号でも左折できるようにする」とか言ってた。

第一にそれかよっ!

今回11人の候補者がいるけど、石原、東国原、わたなべの3人の争いになるのかな。

この中でわたしが注目してるのはわたなべさん。
ワタミグループを築き上げた実績は純粋にすごいと思うし、
実行力や経営者としてのバランス感覚、人を率いる求心力もきっとすばらしいんだろうと思う。
民間の経営力を都政にぜひ生かしてもらいたい。

ちなみに石原さんは当初辞める気でいたぐらいだし、年齢的にも4年後は82歳。
新しいことをやるには実際難しいと思う。

東国原さんは人気はあるけど力不足なのかなぁ。
あと、言動を見ていて個人的にすごい権力欲を感じる。
ちょっと危うい人というイメージ・・・


わたなべさんが出馬表明後に番組に出演したときの動画↓


亀裂


110327_1401~01.jpg
東京都墨田区江東橋の
わたしが住む築36年のマンション駐車場。

前から入ってた微妙な亀裂が、今回の地震で大きく伸びました(汗)
周りをチェックすると、他にも真新しい亀裂がいくつか。。
室内(外廊下に面した壁)にもヒビが入った。
怖いのが、外壁の、塗装でヒビを隠した跡と場所が重なっていること。
これって中までいってるってことだよね?

うーん心配だな〜。



やれることを淡々と




今年もクロッカスが咲きました。

確実に春は近づいているけど、被災地は雪が降ったりまだまだ寒い。
家や家族を亡くして、寒い避難所生活を続ける被災者のことを思うと胸がいたい。
一日でも早い復興を心から願います。

とりあえず今私にできること、淡々とやるしかない。
募金、節電、そしてまじめに働くこと。

これからはエネルギー問題や政治にももっと関心を持とう。

レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート in ロンドン


昨日の夜、BSハイビジョンで「レ・ミゼ」の25周年記念コンサートをみました。

これ、昨年10月にロンドンで上演されたらしいんだけど、ヨーロッパの約200の映画館でも衛星生中継されて、すごい動員数だったらしい。全然知らなかった。

東宝のレミゼの舞台は過去3〜4回位行ったほど好きだったけど、あの頃の熱は今では全くなくなってたし、
最初は「“コンサート”?なんか退屈そうだな。」って思いつつみ始めたら、、、もうやばい!
最後の最後、夜中3時まで釘付けで、一緒に歌って一緒に泣いて大変だった。頬をつたう涙どころか、首筋までだーだー流れる始末だったよ。
もう、ほんとーーに素晴らしかった!!


舞台装置はないし、マイクスタンドで直立で歌ってはいるけれど、フルオーケストラでのほとんど全編を通した演奏、役者の歌・演技、演出、照明、そして熱気に包まれた観客、と臨場感たっぷりで、ほんとに舞台にも劣らない素晴らしいコンサートだったと思う。

最後は85年当時のオリジナルキャストも出てきて、ジャン・バル・ジャンの「Bring him home」、そして最後は全員で「One day more」!

ものすごいいいもの見させてもらいました。。。

ちなみに、今回はじめて「Bring him home」を聴いて感動してしまった。
ただ自分が年取って視点が変わっただけなのか、今まで見た役者がいけなかったのか。。
東宝で昔みたときは鹿賀丈史さんや滝田栄さんだったんだけど、
今の山口祐一郎さんだったらもっとロンドンキャストに近い雰囲気が出せるのかも。
少し見てみたい気がしました。


あーとにかく、感動だった。。

Bring him home


One day more


On my own



寄せ植え その後

 

去年11月に植え込んだ寄せ植えが、こんなにモリモリしてきた。

アリッサムの成長が恐ろしい。
バランス悪くなるからこれ以上育ってほしくないんだけど。。

パンジーは冬の間まったく花をつけなかったのに、ここ数日でどんどん咲きだした。

かわりに背の高いサザンクロスは花が終わった。

寄せ植えって開花期とか成長後のバランスとか考えなくちゃいけないから難しいな〜。

プラチナ世代

 W杯、アジアカップといい成績を残して、
日本人選手がどんどん海外へ出て行くようになった。

若い選手も出てきてるし、これからの日本サッカー期待大!
プラチナ世代で言えば、最近宮市亮くんがフェイエでゴールもあげて、評判ですね。
顔もかっこいい!
まだ高校卒業してないのにアーセナルに入団して、
就労ビザの関係でオランダのフェイエノールトにレンタル移籍して2試合目でゴール。
100mを10秒84で走る俊足FWだとのこと。

フェイエでのプロ初ゴールはこちら↓


あとJリーグだとガンバの宇佐美とか↓



アントラーズの大迫とか。
プレー集じゃないけど、これウケた↓



楽しみな選手がいっぱいだな〜


ってか、スカパー入りたい!!!





絵付け続き

 

ピンボケだけど、こないだの絵付けの続き。
調子付け1回目。
水でのばしたグリザイユという絵の具を全体に薄く塗って乾かしてから
背景部分を筆でこすって取り、花びらも一枚一枚立体的に見えるように陰影をつけます。
これをあと2〜3回。。。細かくて気の遠くなりそうな作業だけど、それだけに熱中。
この絵ができあがるには、あと1ヶ月はかかるな。
ステンド全体が組み上がるのはいつになることか!

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
profile
Twitterボタン
Twitterブログパーツ


links
selected entries
recent comment
categories
archives
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM